社会保険労務士事務所をお探しの経営者の皆様へ。大分県日田市の井上社会保険労務士事務所が豊富な経験とノウハウでご支援致します。
 
 
トップページ
 
緊急お知らせ  
  事業主(経営者の皆様)に、ぜひとも、お知らせしたいことがあります。    
事業主ひとくち講座  
  事業主(経営者)の皆様にお役立ていただきたい《豆知識》をご紹介しました。    
経営レポートご案内  
  マネジメント全般に関わる大切な情報を、月例レポートとして毎月ご提供しています。    
講演・セミナー問合せ  
  就業規則、企業理念、労務管理、人事制度等、各種セミナー・講演を承ります。    
サービスご案内  
事務所概要  
お問合わせ  
  当事務所の個人情報保護方針について。    
 
 
 
 
 
 
このコーナーでは、事業主や経営者の皆様が、《知っておくべきこと》《知っておいた方がよいこと》を、分かりやすい《ひとくち講座》にしてご紹介しています。

 
 
 
 
 
老齢基礎年金は65歳から受け取るのが基本ですが、60歳に繰り上げてもらうことも可能です。その活用視点は?
         
 
 
 
働きながら受け取る年金
 

 

一定の年齢に達すると、受け取り条件が整うなら、仕事をしていても、老齢基礎年金を受け取ることができます。この年金の受け取り開始年齢は、通常65歳ですが、それを60歳に繰り上げて受け取ることも可能なのです。

もちろん60歳から受け取り開始にすると、65歳で受け取る金額よりも《1回当たりの受取額》は少なくなります。たとえば、60歳から受け取ることにした場合、65歳から受け取る予定だった年金額の7割しかもらえません。仮に65歳から月額6万円受け取る予定だった人の場合、60歳から受け取りを開始請求をすると、月額4.2万円に減額されます。
しかも、その減額された年金額が65歳以降も一生固定されるのです。

それなのに《繰り上げ受給》のどこが良いのでしょうか。

     
65歳以前に使えるお金が大事?
    ある事業主の奥様は

   『年金はできるだけ早くから欲しい。たとえば旅行をするにしても、
    65歳を過ぎてからとその前とでは、行ける先も楽しみ方も違うように思う。
    多少金額は下がっても、早くもらって早く楽しみたいわ』


と言われます。別の事業主の方も、

   『60歳を迎えて、盆栽の本当の良さが分かって来た。
    ちょっと盆栽に《入れ込みたい》』

として、老齢基礎年金の《繰り上げ受給》を始められました。

お金は金額だけではなく、《受け取るタイミング》が重要だという考え方にも一理ありますね。
     
従業員の皆様は?
    ただし従業員の皆様は、事業主感覚とは異なり『できるだけ長く働いて賃金収入を確保し、老齢年金は65歳から受け取りたい』という方が多いようです。当然かも知れません。
ちょっと余談ですが、そんな従業員の皆様の期待を念頭に置きながら、一部公的給付金も活用した《高齢者雇用》制度もお勧めです。50歳代後半の従業員がおられる企業では、ぜひご検討ください。
     
         
  【ひとくち講座一覧】  
  001: 事業主だからこそお勧めの60歳から受け取る老齢年金
  002: 労災事故が会社を潰す!少ない労災補償と大きな事業主責任!