社会保険労務士事務所をお探しの経営者の皆様へ。大分県日田市の井上社会保険労務士事務所が豊富な経験とノウハウでご支援致します。
 
 
トップページ
 
緊急お知らせ  
  事業主(経営者の皆様)に、ぜひとも、お知らせしたいことがあります。    
事業主ひとくち講座  
  事業主(経営者)の皆様にお役立ていただきたい《豆知識》をご紹介しました。    
経営レポートご案内  
  マネジメント全般に関わる大切な情報を、月例レポートとして毎月ご提供しています。    
講演・セミナー問合せ  
  就業規則、企業理念、労務管理、人事制度等、各種セミナー・講演を承ります。    
サービスご案内  
事務所概要  
お問合わせ  
  当事務所の個人情報保護方針について。    
 
 
 
 
 
 
 

マイナンバーとは?  

    マイナンバーとは、国から全ての国民に1つずつ付与された12桁の固有番号のことで、従来、複数の機関に、紐づけされず別々に存在していた国民個人の情報を一元管理することを目的に導入された制度です。企業では2016年から、社会保険等の手続きや、源泉徴収手続き等の書類に、従業員や扶養家族のマイナンバー(個人番号)記載が必要となりました。
       

マイナンバー管理の【4つのポイント】  

    マイナンバーのような重要個人情報を取り扱うことを課せられた企業には、情報漏えいを防ぐため、その取扱いに関して様々な管理対策が義務付けられていますが、まだその重要性を認識されている事業者は少ないのが現状です。
まずは、基本的な4つのポイントをおさえておきましょう。
     
    【ポイント1】マイナンバー取扱いに関する規定を定め、企業としての管理体制を
        明確にすること
     
    【ポイント2】マイナンバーを取り扱う機器を特定し、その機器を取り扱う担当者を
        限定すること
     
    【ポイント3】マイナンバーを取り扱う機器(システム)を、外部からの不正アクセスから
        保護する仕組みを導入し、適切に運用すること
     
    【ポイント4】 マイナンバーが記載された書類等は、盗難や紛失が簡単に行われ
        ないような場所に保管すること
     

マイナンバー取扱業務の【委託先選定】は慎重に!  

    社会保険の手続きや、源泉徴収等の業務を、税理士事務所や社労士事務所等の外部機関に委託されているケースは多いと思いますが、その際、委託先の事業者が適切なマイナンバー対策をとっているかどうかも、重要なチェックポイントです。万が一、外部委託機関からマイナンバー情報が漏えいした場合、企業が適切な監督責任を果たしていなかったとして、責任を問われる可能性があるからです。
当事務所では、以下のような対策でマイナンバー管理を徹底していることは勿論のこと、顧客企業の皆様のマイナンバー管理に関するアドバイスにも、積極的に取り組んでいます。
ご相談をお持ちの際には、お気軽にお問い合わせください。
       

当事務所のマイナンバー対策について  

    当事務所では以下のような対策を講じ、顧客企業の皆様に、安心して、社会保険手続き等のマイナンバー取扱い業務を委託して頂くための態勢を整えています。
       
    【対策1】クラウドシステムの採用  
    マイナンバー取扱い業務のセキュリティレベルを高めるため、クラウドシステムを採用しています。このシステムにより、情報は暗号化された上で、クラウドのデータセンターに送られて、事務所内にデータは残りません。
       
    【対策2】マイナンバー取扱いスペースの増築  
    マイナンバー取扱い事務を行う、一般とは隔離されたスペースを確保するため、社屋の増改築を行いました。このスペースには、限られた職員しか出入りできないよう管理を徹底し、情報漏えい防止に努めています。
       
    【対策3】SRP暁Ь攫萋澄癖神29年10月1日)  
    当事務所は、個人情報取扱事業者としてお客様の個人情報を適切に管理していることを証明するSRP暁Ь擇鮗萋世靴討い泙后
SRP認証制度とは、社会保険労務士事務所が個人情報を適切に取り扱っていることを、厚生労働大臣の認可を受けた法定団体である全国社会保険労務士会連合会が認証する公的な制度です。
                   ⇒当事務所の特定個人情報取扱い基本方針について

 
  Copyright(C) Office-Inoue All Rights Reserved.